1. Home
  2. >
  3. 読み物
  4. >
  5. 読む、服のお手入れ
  6. >
  7. 「毛玉はどうする?」セー...

「毛玉はどうする?」セーターのお手入れ

「お気に入りのニットやセーターを長く大切に着用したい」気になる毛玉のケアや日頃のお手入れについてご紹介いたします。

2024.02.19 読む、服のお手入れ

寒い季節に欠かせないセーター。素材やデザインも様々なものがあります。
今回はウール・カシミヤなど「獣毛(動物)素材」の気になる毛玉のケアや、日頃のお手入れについてご紹介いたします。

毛玉ができたら?

気をつけて着用していても避けられないのが毛玉です。毛玉ができたときのおすすめのケアは・・

①毛玉取り器を使用する
最もおすすめの方法は「毛玉取り器」です。毛玉取り器は、生地表面を守りながら、小さな回転刃で毛玉を切り取ってくれます。セーターの表面に軽く当て、ゆっくり動かすことで毛玉を切り取ることができます。強い力でこすってしまうと、生地が薄くなってしまい、縫製の糸が解けてしまうこともあるため、優しく取り除いていきましょう。

専用の毛玉取りブラシを使用する
専用の毛玉取りブラシは、比較的手頃な価格で市販されています。セーターの表面を軽くブラッシングすることで毛玉を取ることができます。ブラシの毛先が繊維にやさしく、毛玉を引き抜く効果があります。

ガムテープや剃刀を使用する方法は、生地を痛めてしまったり、生地が薄くなってしまう可能性が高いため、おすすめではありません。

毛玉の原因

セーターの毛玉は、摩擦や摩耗、繊維同士の絡まりなどが原因で発生します。

①摩擦:衣服が擦り合わさったり、他の表面と接触したりすることで、繊維が摩擦を受け、表面の繊維が次第に傷つくことがあります。これにより、毛玉ができやすくなります。

②摩耗:長時間の着用や洗濯などにより、繊維が劣化しやすくなります。摩耗が進むと、繊維が断裂しやすくなり、それが毛玉の発生につながります。

③繊維の絡まり:ウールやカシミヤのような繊維は、繊細で絡まりやすいことも毛玉の原因となります。絡まりが発生すると、それが毛玉の核となり、周囲の繊維がそこに絡まりついて毛玉が形成されます。

④洗濯や摩擦の激しい環境:洗濯機での洗濯や、激しい運動など、繊維同士の摩擦が激しい状況では、毛玉ができやすくなります。

セーター参考画像

毛玉の予防策

毛玉の予防策は・・・

①連続して着用しない:1日着用したら休ませることで、セーターが通気性を取り戻し、形状や繊維が安定します。

②柔らかいブラシの使用:毛玉ができそうな部分(特に脇腹部分や腕周り)を柔らかいブラシで優しくブラッシングすると、着用時のホコリが取れ、繊維がほぐれ、毛玉の発生を防ぐことができます。

③手洗い: 手洗いをすることで、機械洗いに比べて摩擦が少なくなります。

④洗濯は裏返し:衣服を裏返しにして洗濯すると、表面の繊維が摩擦を受けにくくなります。

お手入れについて

①セーターの休ませかた
1日着用したものは平らに畳むか、もしくは短時間であればハンガー干し(※)を行いましょう。着用していると、寒い時期でも身体の汗や皮脂などが付着して繊維に影響を与えることがあります。「獣毛(動物)繊維」は天然の機能が備わっているため、通気性を取り戻し、形状を安定させることが出来ます。

②基本的に洗濯は1シーズンに2回で十分
軽い汚れが気になるときと、シーズンの終わり・長期間使用しないタイミングで、洗濯しましょう。 ニオイが気になる場合でも、毎回洗濯する必要はありません。風通しの良い場所で休ませたり、外に干して空気に触れさせることでリフレッシュさせることができます。

③洗濯方法
洗濯の際には、洗濯表示に従い、手洗いが推奨されている場合は手洗いを。セーターを裏返すことで摩耗を防げます。脱水は弱く、洗濯後は平らに広げて陰干しすることで形状を保ちやすくなります。洗剤は中性洗剤がおすすめです。 仕上げの柔軟剤は好みですが、「獣毛(動物)繊維」が持つ油分を補うことに有効です。柔らかさを保ち、着心地を良くします。ただし、柔軟剤は過度に使うと繊維が柔らかすぎて毛羽立ちやすくなるため、適切な量を守るようにしましょう。

④クリーニング後の保管
クリーニングを行った場合、自宅での保管ではクリーニングのビニール袋から出し・防虫剤と一緒に収納しましょう。通気性を良くして保管することで、天然繊維本来の風合いを保つことが出来ます。
※保管が長期間に渡るときは、防虫剤の入れ替え・収納スペースの換気をしましょう。

セーターが伸びにくい干し方とは?

※①ハンガー干しを行うときは、重みで生地が伸びないよう干し方に気を付けましょう。特に伸びやすい袖を肩にかけて干すことで、型崩れを防ぐことができますよ。

より長く着用できるようにお手入れすることで、お気に入りのセーターもさらに愛着が湧きます。ぜひ日々のケアにお役立てください!

セーター参考画像

クルーネックプルオーバー

25,300円 (税込・参考価格)

ハイネックプルオーバー ウールカシミヤ

23,100円 (税込・参考価格)

おすすめのニット・セーター一覧はこちら

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。